FC2ブログ

サーファー起業プロジェクト

僕は地方で起業する

@福島県南相馬市

南相馬の魅力も発信中!

たびづくりツアーが実施されました【2日目】

皆さん、ごきげんようー

地域おこし協力隊のふなびすです

今日は昨日の続きで「たびづくりスクール」2日目の様子を書かせていただきます。
2日目の内容は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サーフィン体験 サーフショップサンマリン 様(南相馬市鹿島区)

入浴、昼食、ディスカション (一社)いちばん星南相馬 様 (南相馬市原町区)

解散
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前日の懇親会は、予想以上の盛り上がりで、就寝が遅くなった参加者もいたほどでした。
早朝6時15分に宿泊場所を出発する予定だったので、寝坊が心配でしたが、無事全員が集合し、時間通りに出発。


当初の予定では北泉海岸でサーフィンレッスンをしていただく予定でしたが、海のコンディションの関係でお隣の烏崎海岸に変更になりました。
ただせっかくなので9年ぶりの海開きの舞台となった北泉海岸をみんなで見学しました。
IMG_0261.jpg
(↑この写真、ちょっと青春っぽいですよね 笑)

今回のツアー参加者9名のうち、5名がサーフィン未経験もしくは経験が浅いという方でした。
そのような方たちでもサーフィンの楽しさを教えていただけるのが、地元サーフショップ「サンマリン」さんです。
さらに今回は特別に、サンマリンのオーナーSさんの他に、2名の地元サーファーの方にお手伝いしていただくことができました。

レッスンでは、まず陸でパドル(手で水をかく動作)と板の上で立つ練習をします。
9iAmH_ZuhE42RqI1568080906_1568080956.jpg

一通りの説明と練習が終わればいよいよ海に入ります!

最初こそ、慣れない水の中と板に苦戦していました↓
2K51w2ut_FtDofW1568270357_1568270377.jpg

しかし、Sさんと地元サーファーの方の的確なアドバイスとサポートにより、少しずつコツを掴み始め、最後には参加者全員が板の上に立つことができました!
P3qWhhgcvrGBWMo1568080777_1568080847.jpg

実は何がこのツアーの中で一番嬉しかったというと、このサーフィン体験で参加者の「笑顔」が見れたことです。
やはり、人が心の底から楽しんでいる姿というのは、見ているこちら側も楽しく、幸せになれます。
その渾身の笑顔を引き出せる「サーフィンの魅力」「南相馬のポテンシャルの高さ」を改めて再認識した時間でもありました。


サーフィン体験が終わった後は、農家民宿「いちばん星」でお風呂と昼食です。
やっぱり運動した後のお風呂とご飯は最高ですね!
昼食は「いちばん星カフェ」の看板メニュー、カレーをいただきました!
IMG_0263.jpg

昼食を終えれば、いよいよこのツアーのクライマックスであるブレーンストーミング(アイデア出し)です。
参加者の方には、この2日間で体験したことを振り返っていただいき「今後、南相馬がサーフタウンを目指す上で、できそうなことや、あったらいいよね!」といったことを考えて、発表していただきました。
IMG_0284.jpg

IMG_0293.jpg

サーフィン体験でも「嬉しかった」と書きましたが、ここでも企画者として嬉しさが爆発します。
それは参加者全員がまるで自分の街のことのように、真剣に考えて、意見を出してくれたからです。
最後の最後で「本当に素晴らしい人たちが集まってくれたな」と感動している自分がいました。


ツアー2日目の様子は以上です。
たった2日間でした、ものすごく濃厚な時間を過ごすことができ、別れ際には「寂しさ」すら感じました。


昨日のブログでこのツアーの目的は「関係人口」の創出と書きましたが、最終的にはふなびす自ら「この人たちとは中長期的に繋がっていきたい」と思いました。
ツアーが終わって気が付いたことは、このツアーはあくまでも参加者の人が南相馬に繋がってくれる、きっかけ作りだということです。
今後、継続して繋がってくれるかどうかは、南相馬市、そしてふなびす自身にかかっているのかもしれません。


ツアーに参加していただいた方々、そして、ご協力いただきました地域の皆様、本当にありがとうございました。
皆様のご協力がなければ、このツアーがこれほど有意義になることもなかったと思います。

今後ともよろしくお願い致します。


それでは今日はこのへんで。

皆さん、ごきげんようヾ(o´∀`o)ノ

たびづくりツアーが実施されました【1日目】

皆さん、ごきげんようー

地域おこし協力隊のふなびすです

写真の手配の関係などで、少し遅くなりましたが9月7、8日の2日間に渡って、南相馬市主催の「たびづくりツアー」が行われました。
このツアーの様子を2回に分けて紹介させていただきます。

今回、私ふなびすは「東北のサーフタウンを作ろう」というテーマで企画を考え、参加者を募集しておりました。
その結果、遠くは大阪から7都道府県9名の参加者にお越しいただくことができました!
まず、参加者が集まった時点で「南相馬市」や「サーフィン」に関心を持っていただける方が、多くいらっしゃる事が素直に嬉しかったです。

今回のツアーの目的は南相馬市の「関係人口」を増やそうというものです。
関係人口とは定住でも観光でもなく、ルーツをもったり、関心を寄せたり、年に数回訪れたり、その地域に投資するなど、何らかの中長期的な関係を持つ人のことです。
すごく簡単にいうと「ファン作り」に近いと思います。

なので、今回のツアーをきっかけに、中長期的に南相馬(ついでにふなびす)に関係していただける方たちを増やしたいと思い、この企画に応募したわけです。

主なツアーの内容は以下の通りです。
※左側がツアー内容、右側が協力いただいた店名および企業様名と主な所在地

◇1日目
・昼食 めざせ!殿様食堂 様 (南相馬市小高区内)
・ウェットスーツメーカー工場見学(株)リガインターナショナル 様(南相馬市原町区内)
・サーフボードメーカー工場見学(株)M.S.P 様(南相馬市小高区内)
・懇親会

◇2日目
・サーフィン体験 サーフショップサンマリン 様(南相馬市鹿島区)
・入浴、昼食、ディスカション (一社)いちばん星南相馬 様 (南相馬市原町区)


このツアーのアピールポイントは「南相馬市内にはサーフポイントだけじゃなく、ショップやメーカーもある」ということです。
日本に有名なサーフポイントはいくつもありますが、市内にこれだけサーフィン関連の会社が揃っている場所というのは、なかなかないんじゃないでしょうか?
街としてサーフタウンを目指すだけのポテンシャルが既にあることを、参加者の方々に知っていただき、今後サーフタウンを目指す上で、何かしらの形で関わっていただきたい。
その思いから、上記のような内容を考えさせていただきました。



ここからは順を追ってツアーの様子を紹介させていただきます。
※ツアー中の写真では参加者と一部の協力者様のみモザイク加工をしております。

1日目の正午、参加者とJR小高駅で待ち合わせをしました。
「一体どんな人たちが来るのだろうー」
とツアーの中でここが一番緊張しました( ノД`)

電車や自家用車から降りてきた参加者の皆さんは、気さくで優しそう!!
とりあえずホッとしたのもつかの間、すぐに昼食会場である、「めざせ!殿様食堂」に向かいます。
名物の鶏の唐揚げをいただきました!
display_IMG_8965.jpg

昼食の間、参加者同士も話をしてくれてムードも和気あいあいとしており、一安心!
(ここで誰も口をきかなかったらどうしようと思っていました)


腹ごしらも済んだので、ここから工場見学の場所に移動。
リガインターナショナル様では、工場長直々に工程の説明をしていただけただけでなく、なんとウェットスーツの生地を使ったコースターの製作体験もさせていただけました!!

↓工程の説明をしていただきました。
IMG_0285.jpg

IMG_0286.jpg

↓コースターの製作体験
F9FEowvRaOAWMzH1568085034_1568085064.jpg

↓完成したコースターとの一枚!
7qKTcdEKTMHscBQ1568175041_1568175065.jpg


ふなびす自身もウェットスーツが作られる工程を初めて見ましたが、ほとんど手作業だった事に驚きました(゚д゚)
これだけ手間がかかっているからこそ、水の中で快適にいられるんですね!!
未知の部分ではありますが、こういう工程を外国人に見てもらい「メイド・イン・ジャパン」の価値を感じてもらえれば、価格が多少高くても買ってくれるのではないかと見学をしながら妄想しておりました。



ウェットスーツがどうやって作られているかを見学した後は、サーフボードができるまでを見学します!
ここでも(株)M.S.Pの社長自ら、サーフボードの製作工程を丁寧に教えていただきました!
IMG_0281.jpg

IMG_0280.jpg

サーフボードの製作はウェットスーツとは真逆で、年々マシン化が進んでおり、マシンだからこそできる板もあるそうです。
それを聞いて、「道具の進化が選手の進化を支えているのか」と思いきや、
「いいライダーがいて、いいフィードバックがもらえるからこそ、いい板が作れる」
とMさんはおっしゃっていました。
選手とメーカーの間にある信頼関係が日本のサーフィンを支えているのだと実感しました。


全ての行程が終わった後は、街の人たちも交えた懇親会です。
7816wYfQJZZVWPU1568080978_1568081225.jpg

その日の昼に「初めまして」をしたとは思えないほどの盛り上がりをみせ、楽しい時間はあっという間に流れていきました。
また、参加していただけた街の方からは惣菜やお酒などの差し入れも、たくさんいただき、感謝してもしきれないほどです。
本当にありがとうございました。



以上がツアー1日目の様子です。
1日目を終えて、集合前に抱いていた不安は全て消し去りました。
あとは2日目に無事サーフィン体験ができることを祈るのみです(台風が日本列島に迫っておりました)。

2日目の様子は、また別日に書かせていただきます。


それでは今日はこのへんで。

皆さん、ごきげんようーヾ(o´∀`o)ノ

何に情熱を感じるか

皆さん、ごきげんようー

地域おこし協力隊のふなびすです


お盆に帰省した際、何人かの友人に今、思い描いている事業内容について話を聞いてもらいました。
色々なフィードバックをもらいましたが、最も感じたことは「伝えること」の難しさです。

資金調達を行う際、銀行や投資家、場合によってはクラウドファンディングなどに自分の事業内容などをプレゼンする必要が出てきます。
プレゼンを行う理由は主に下記の3つだと思います。
(目的は資金を調達することに他なりません)

①相手に事業内容を理解してもらうこと
②相手に事業が成功するイメージを持ってもらうこと
③相手に事業に対する熱意や思いを伝えること

今回の帰省での友人に対するプレゼンでは正直、どれも一発で理解してもらったとは言い難い感じでした。
そこで以前読んでみて、印象に残ったプレゼンに関する本を、実家の屋根裏から引っ張り出してきて、もう一度読んでみることにしました。

その本こそが
「TED 驚異のプレゼン」
IMG_0192.jpg
です。

この本、何度読んでも面白いんでオススメなんですが、今日のブログで書きたいのはそこじゃないので、大部分の内容は割愛させていただきます。


著者のカーマイン・ガロは本の冒頭で言い切りました。
「プレゼンで最も重要なことはプレゼンテーマへの情熱である。自分自身がそのテーマに感動していなければ、人々の心を動かすことはできない」

そして、読者に問いかけます。
「あなたは何に情熱を感じますか?」

これをふなびすに当てはめると、
「現在、考えている新規事業のどこに情熱を感じるのか?」
ということになります。
ふなびすはこの問いにすぐに答えられませんでした。
なのでこの問いに対する答えを終日、それこそサーフィンに行き、海の中で波待ちをしている間や、家の中でも考えていました。
IMG_0191.jpg

ちなみのこの質問に対して、コーヒーでおなじみのスターバックスを創業したハワード・シュルツという人はこう答えたそうです。

「私はコーヒーに情熱があるというよりは、職場でもなく家庭でもない第3の場所、働く人たちを大切に扱い、卓越したカスタマーサービスを提供する場をつくることに情熱があるんだ」

つまり、スターバックスの本業は「カスタマーサービス」にあるということです。

な、なんと・・・
スターバックスが情熱を感じるところは商品のコーヒーではないんですね(゚д゚)!!
深い。どおりであんなに人が押し寄せるわけです。。。


話をふなびすに戻しますが、1日中考えた結果、なんとなくですが、自分が何に対して「情熱」を感じるのかを、少しは言葉にできるようになったと思います。
上記で挙げた「プレゼンを行う理由」の②と③は特にこの「情熱」が大きな要因を握ると思うので、これからも更に考えを洗練させていきたいと思います。

と言ってもその「情熱」を、相手に100%伝えるためには、当然洗練されたプレゼン資料や話し手のスキルというものも必要になってきます。
今日は、そこまでは到達できませんでしたが、プレゼンの軸となる部分をほんの少しだけ固められたと思います。

なんだか頭がとても疲れました( ノД`)



それでは今日はこのへんで。

皆さん、ごきげんようーヾ(o´∀`o)ノ

遠野・南三陸視察

皆さん、ごきげんようー

地域おこし協力隊のふなびすです


9月1、2日とふなびすが所属するNext Commons Lab(以下NCL)という組織で、岩手県遠野市と宮城県南三陸町の視察に行ってきました。

まず、NCLを説明したいのですが、小難しいので、興味がある方は以下のページをご参照ください↓
https://colocal.jp/topics/think-japan/innovators-intaview/20170821_101208.html


このNCLは2019年9月時点で南相馬をはじめ、全国12の拠点で活動をしています。
今回、視察で訪れた遠野市と南三陸町もその1つです。

遠野市は2016年、全国の先駆けとなってNCLを誘致し、10名のメンバーが着任しました。
そのメンバーが今年、地域おこし協力隊としての任期を終え、完全に自立を迎えます。
今回の主たる目的は、そんな彼らの「活動報告会」をみて、自分たちの将来(着地点)をイメージすることでした。
IMG_0130.jpg

IMG_0124.jpg


会場はたくさんの人たちで溢れてました↓
IMG_0126.jpg


無事、任期終了を迎える8人の発表を聞いたのですが、各々がプロジェクトの内容に沿った素晴らしい成果を残してらっしゃいました。

↓ブルワリーをオープンさせた人もいれば
IMG_0132.jpg

↓キャンピングカーの代替品キットを製作した方もいらっしゃいました。
IMG_0125.jpg


結論からいうと、この発表をみて少し安心しました。
正直、今の自分からは3年後の姿を想像することは困難です。
少し油断をすると悪い方向ばかりを想像してしまうことも、もちろんあります。
しかし、自分たちと同じNCL出身の人たちが、実際に起業し、その地域に根付いている姿を目にすることで、モヤモヤしていたイメージというものを少しだけですが、明確にすることができたと思います。
ただし、3年後、遠野の人たちと同じステージに立てるかどうかは、自分次第ということを忘れてはいけません。
恵まれた環境にいることを感謝し、貴重な時間を有効に活用していこうと、より強く思いました。


また、南相馬より2年ほど早くスタートした南三陸町でもNCLメンバーの話が聞けただけでなく、実際にプロジェクトを進行しているワイン用のブドウ畑も見せてもらうことができました。
IMG_0170.jpg


この視察で感じたことは、街にはそれぞれ個性があり、その街にあった起業スタイルが存在するんだということです。
その街の雰囲気や個性を表しているものは、ズバリ、その地域の「人」だと思います。
つまり、地域の人たちと触れ合い、その流れにあわせ、スタイルを確立していくことが、地域で起業する上で、重要なのだと思いました。


今回の視察で学んだことを、無駄にしないよう日々の活動に取り組んでいきたいと思います。



それでは今日はこのへんで。


皆さん、ごきげんようーヾ(o´∀`o)ノ

インターン生に気がつかされたこと

皆さん、ごきげんようー

地域おこし協力隊のふなびすです


今日は、お世話になっているコワーキングスペースにインターンで来ている大学生の中間発表会があったので見に行ってきました。
IMG_0118.jpg

彼は1ヶ月間、南相馬に住み込み、コワーキングスペースがある地区の空き家を調査しています。
まず、発表を聞いて率直に彼の「行動力」の高さに驚きました。
たった2週間の間に、ふなびすが想像しているよりも多くの空き家を調査しており、中には家主のヒアリング直前までいっている物件すらありました。
こういう姿を見せられると、「自分もやらなければいけない」という気分になります。

ふなびすの地域おこし協力隊としての任期は3年。
南相馬にきて、ちょうど半年が経ちました。
正直、彼の発表を見るまでは、心のどこかに「残り2年半もあるからまだ大丈夫」という気持ちがありました。
しかし、この心の持ちようでは、時間ばかりが経ち、残り短くなってから焦る姿が容易に想像できます。
もっと焦燥感(緊張感?)を持ち、「残り2年半」ではなく、彼と同じように
「1ヶ月しかない!その期間で成果を出すんだ!」
という強い気持ちが、今のふなびすには必要だと彼のプレゼンで気がつかされました。

ありがとう、Yくん。



話は変わりますが、「たびづくりツアー」まで残り10日を切りました!
8月28日までツアーの販売を行なっていましたが、全国から定員一杯の10名の方から参加の申し込みをいただきました。
参加していただける皆さま、本当にありがとうございます。

今回のツアーでは、市内にあるサーフボード製作所およびウェットスーツの工場を見学した上で、実際にサーフィンを楽しんでもらい、「南相馬のサーフカルチャーを感じていただこう」という内容になっています。
その上でふなびすの今後の活動に共感していただいた方には、一緒になって南相馬を盛り上げていっていただきたいと思っています。
ふなびすにとっても初めての試みのため、不安がないといったら嘘になりますが、できる限り、参加者の皆さまに南相馬を好きになってもらえるよう最善を尽くしたいと思っております!


このツアーの様子は、ブログにて報告させていただきます。



それでは今日はこのへんで。

皆さん、ごきげんようーヾ(o´∀`o)ノ

◆ようこそマイブログへ◆
地域おこし協力隊員が大好きなサーフィンで起業するまでの道のりをアップしていきます!
南相馬市の魅力も随時発信中!
ツイッターでは、サーファーのための海情報も発信予定!
ぜひ、ご覧ください(・∀・)
◆最新記事◆
◆月別アーカイブ◆
◆カテゴリ◆
◆カレンダー◆
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
◆検索フォーム◆
◆メールフォーム◆

名前:
メール:
件名:
本文:

◆アクセス数◆
◆プロフィール◆
ツイート